ウェディングギフト
A new departure of marriage is congratulated.
内祝いという風習と意味
内祝いの贈り方
引出物の相場
今人気のある引出物
ウェディングに最適なギフト
引き出物を贈る風習と意味
押さえておきたいお洒落な引き出物
引出物のマナー
引出物の贈り分け

引き出物を分けて贈る

結婚式に参加したことがある方はご存じかと思いますが、引き出物は通常、会場で座る席に最初から配られているため式に参加した人の中で引き出物を受け取っていないという方はいないでしょう。引き出物を選ぶのは式を挙げる当事者二人であり、引き出物は結婚する二人から参加者全員に贈る品となっているので、どういった品物が選ばれるかは当事者二人次第となります。しかし引き出物として贈る品を参加者全員一緒にすると、中には喜べないものを貰ったと感じる方や荷物になって持ち運びが面倒だと感じる人もいるかもしれません。万人が満足する引き出物を選ぶのは非常に困難なので、参加者全員に同じ引き出物としたくない方は年代や性別に併せて引き出物を分けて贈るという方法を取りましょう。このページでは引き出物の送り分けの方法についてご説明します。

年齢・性別に併せた引き出物選び

今人気のある引き出物」 のページでも紹介していますが、相手が女性か男性かによって人気のある引き出物にも違いがあります。女性は主にかわいらしいお菓子やタオル、コップ等を喜びますが、男性の場合は日常で使う物でかつ自分があまり買おうとしないものを喜ぶ傾向にあると言われているので、男性と女性という2択で引き出物を選ぶ時はこれらの特徴を踏まえておくといいかもしれません。性別・年代に関係なく人気のあるカタログギフトを使って贈り分けする場合、年齢が高い方へのカタログギフトは4000〜5000円代にしておき、比較的年齢が若い参加者には3000〜4000円代のカタログギフトを贈るのが一般的です。必ず贈り分けをする必要はありませんが、参加者全員同じ金額のものを贈ることに対して不満を持つ方がいることも考えて、贈り分けをする前に一度両親等と相談しておいた方がよいでしょう。一度結婚を経験しているご両親であればきっと的確なアドバイスをしてくるハズです。その土地、地域によって引き出物の選び方や贈り分けの考え方に違いがあるので、経験者であるご両親の意見は是非とも聞いておきましょう。

性別で見るお勧めの引出物の違い

贈り分けする際の品の額は?

引き出物を贈り分けする際には性別と年齢意外にも、主賓・来賓・親族で分けることも忘れてはいけません。主賓とは、一番親しい関係の友人や会社の上司など、メインゲストとなる人たちのことです。親族はこのメインゲストには含まれません。来賓は主賓以外でお呼びするゲストのことで、主に会社の同僚や知人といった新郎・新婦どちらかの関係者となります。会社に勤めていれば上司を含めた担当部署で働いている全員に結婚式の招待状を渡すのが礼儀なので、メインゲスト以外の会社の先輩や同僚、知人は来賓に当たります。主賓・来賓に該当しないのは親族で、引き出物の優先度としては主賓に次ぐ形となります。引き出物の額が多いのはやはり主賓の方達で、次に親族、最後に親族といった具合に費用は下がるのが一般的です。目安として、主賓の方の引き出物を5000円相当の品を贈るのであれば、親族は4000円相当、来賓は3000円相当の品を贈るといいでしょう。主賓より来賓が高い引き出物にすると祝儀内に含まれる引き出物の割合から考えて主催者側の負担が多くなる上に(主賓より来賓の方が多くなるため高い引き出物を多く用意することになります)、メインゲストよりも来賓の品を高く設定することは引き出物のマナーとしても不適切なるので注意しておきましょう。

pickup