ウェディングギフト
A new departure of marriage is congratulated.
内祝いという風習と意味
内祝いの贈り方
引出物の相場
今人気のある引出物
ウェディングに最適なギフト
引き出物を贈る風習と意味
押さえておきたいお洒落な引き出物
引出物のマナー
引出物の贈り分け

様々な内祝いと適した贈り方

内祝いは人生における喜ばしいイベント・行事の際に当事者だけでなく他の人にも喜び祝って貰おうという考えから家族・親族・友人・知人などに贈る品 のことです。人生における喜ばしい行事と言えば結婚・出産・入学・成人といったものが挙げられますが、これら祝い事の際に内祝いとして一緒くたに考え、全 て同じ内祝いの品を贈るということはありません。各祝い事によって贈る品や考え方にも違いが見られるので、 内祝い」だたそれだけという認識ではなく、祝い事に応じたもの、考え方で品を贈るようにしましょう。このページでは内祝いの送り方、マナーについてご説明 します。

内祝いは”お返し”にあらず

内祝いとして一般的なものは結婚式会場で参席者に配られる引き出物でしょうか。内祝いはその祝い事の当事者が関係者に一緒に喜び祝って貰うために贈 る品であり、祝って貰っているお返しの品として贈られるものではありません。つまり、結婚祝いにおける内祝い、つまり引き出物は「結婚式に来て頂いてあり がとうございます。これはそのお礼です」という意味合いではなく、「今日結婚するに当たり一緒にお祝いしていただけませんか」というニュアンスとなるので す。内祝いをお返しの品と考えている人も多いのですが(実際にはそういう扱いになっている場合も殆どです。お返しの品とするのが悪いということではありま せん)、内祝いは「お返しの品」ではないことをまず覚えておきましょう。お返しの品として紹介されることも多々あり、実際にお祝いの品を貰ったお返しとし て内祝いを贈ることもありますが、お祝いがある家から先に贈るのが基本であり、古くから伝わる風習・礼儀となっています。

引出物の意味は相手に祝ってもらうためのもの

祝い事に応じた内祝い品を

例えば結婚祝いの場合、引き出物として貰う内祝い品を開けると結婚する二人の写真が入ったお皿や写真が入っている場合などがあります。結婚祝いに限 らず、内祝いの品に写真や名前入りのものを入れるのはその土地の風習や慣例によって差があるので一概には言えませんが、出産祝いや結婚祝いなどの場合に名 前入りの品+写真を贈ることはよくあるようです。贈られた品がお皿などの日用雑貨等の場合、写真や名前が入っていることで使いにくいと考える人もいれば逆 に個性的で思い出に残る品だと考える方もいるので、こちらは贈る側の気持ち次第・・・と言ったところです。出産祝いの場合内祝いの品を贈ることで赤ちゃん のお披露目もできるという理由から生まれてくる子供の名前と写真を入れるケースが多くあります。贈る際につける”のし”に子供の名前を書いたり命名札を添 えた上で内祝いの品を贈るのが一般的です。内祝い全般に言えることですが、日用品や消耗品を送る意外に商品券やお米券を贈るケースもあり、こちらは荷物と してかさばらず贈られた側も扱いやすいということで人気のある品となっています。商品券やお米券は祝い事の対象を気にせず贈ることができるので便利です。 どういった品を内祝いとして贈ればいいのか分からないとお悩みの方は、形が残るような品ではなくカステラやケーキといった食べ物や食品券・商品券等も贈っ てみるといいかもしれません。

注目サイト

日本郵便
http://www.post.japanpost.jp/