ウェディングギフト
A new departure of marriage is congratulated.
内祝いという風習と意味
内祝いの贈り方
引出物の相場
今人気のある引出物
ウェディングに最適なギフト
引き出物を贈る風習と意味
押さえておきたいお洒落な引き出物
引出物のマナー
引出物の贈り分け

引き出物を贈るということ

引き出物は結婚式を始めとする祝い事、行事の際に参加者を対象に配られる心ばかりの品のことです。引き出物と関係のあるもので内祝いがありますが、 結婚式で配られる引き出物は内祝いとしての品でもあるのです。古くから日本では祝い事を当事者以外の人と祝う風習があり、その流れから引き出物という文化 が生まれたのです。このページでは日本の風習・文化である引き出物についてご説明します。

古くから伝わる「引き出物」

ここで少し引き出物という言葉がどういう風に発祥したのかを振り返ってみましょう。引き出物とは結婚式で参加者に配られるおみやげの品としての認識 が強くありますが、本来は贈り物として用意した馬を引いて持ってきたことから引いて出した物=引き出物という言葉になってと言われています。さすがに現代 において馬を贈り物とする風習はないので、引き出物という言葉からは贈り物としての意味だけが伝わってきたと考えるのが妥当でしょう。平安時代や鎌倉時代 では馬は財産として価値があったとされ交換の品として取引されていたという背景があったとされ、貨幣や金品が物品との交換に用いられてからは、贈り物を馬 の代わり=馬代(うましろ)として贈られたとされています。引き出物は昔から祝いの席や招待客に贈るお土産としての認識があり、それが現代まで伝わって物 を贈るという習慣になっているのです。

馬の代わりとしての贈り物=馬代

引き出物の用意

引き出物は本来祝いの席の主催者側が来賓した人にたいしてお礼の意味を込めて贈るお土産であるため、主催者側が貰った祝儀等に対するお返しの品とし て贈る品ではありません。葬式なら参列頂いた人全てに「参列して頂いてありがとうございます」という意味を込めて粗品を返す香典返しがあるように、お礼と して返す品は厳密には引き出物とは呼びません。ただ、祝いの席への参加によって貰う品だからお返しの品として貰っている部分も少なからずあるのですが、主 催者側の「どうか一緒にお祝いしてください」という気持ちがあって初めて贈られる引き出物は何かのお返しとして贈ることはまずないのです。礼節を持って儀 にあたることを美徳する日本の風習において、何かを貰ったら何かを返すのが当たり前ですが、引き出物は参加に対する感謝であって返しの品ではないので、引 き出物を貰ったことに対してのお礼を返す・・・などということがないようにご注意下さい。

引き出物の概算

結婚式などで引き出物の品を選ぶときは、だいたい3500〜4500円程度のものを選ぶのがよいと言われています。披露宴を行う主催者側の負担が高 くなることは容易に想像できるので、披露宴代(引き出物代を含む)を祝儀でまかなうことを考えると披露宴にかかった費用が高ければ高いほど参加者から頂く 祝儀も高くなってしまいます。結婚式を挙げる二人が祝儀の金額を決めるわけではありませんが、祝儀の相場である1万5千円の中には3000〜4000円程 度の引き出物代も含まれているため、あまりにも高級な引き出物を選んでいては参加者に気を遣わせるばかりか、結婚する本人達の負担もはかりしれません。そ れほど高級でなくとも日頃の生活に役立つ日用品等を贈るようにすれば参加者にとっても主催者にとっても無理のない関係が築けますので、引き出物にかける費 用はほどほどにしておきましょう。